※当サイトはプロモーションを含みます

ラインモの基礎知識

ラインモの新料金プラン『LINEMOベストプラン/LINEMOベストプランV』を解説

LINEMOから新料金プランが7月下旬以降より提供開始することが発表されました。

提供されるプランは、

・LINEMOベストプラン
・LINEMOベストプランV

の2種類で、利用したギガによって料金が変化するものになっています。

本記事では、新料金プランの詳細や現在ラインモで提供されている「ミニプラン/スマホプラン」に比べて何が変わったのか、他社の格安SIMに比べてお得に使えるのか、などを比較しながら紹介していきます。

新料金プランの詳細

今回新たに提供開始されるプランは下記2つとなります。

プラン データ容量 月額料金
LINEMOベストプラン 0~3GB 990円
3GB~10GB 2,090円
LINEMOベストプランV 0~20GB 2,970円
20GB~30GB 3,960円

「LINEMOベストプラン」は、月のデータ使用量が3GB未満に納まった場合は990円となります。もし3GBを超えた場合は2,090円となり、10GBを超えると速度制限が入ります。

一方「LINEMOベストプランV」は、月のデータ使用量が20GB未満に納まった場合は2,970円となります。もし20GBを超えた場合は3,960円となり、30GBを超えると速度制限が入ります。

さらに「LINEMOベストプランV」に加入されている方は、5分以内の国内通話料が無料になります。

データ量超過した際の通信速度

<LINEMOベストプラン>

・10GB超~15GB
⇒ 300kbps

・15GB超
⇒ 128kbps

<LINEMOベストプランV>

・30GB超~45GB
⇒ 1Mbps

・45GB超
⇒ 128kbps

もし上記のようにデータ量を超過して速度制限がかかってしまった場合は、追加データ(500円/1GB)を購入することで通常の速度に戻すことが可能です。

新プランに関する注意点

「LINEMOベストプラン」「LINEMOベストプランV」についての注意点をまとめてみました。

注意点まとめ

・契約者は年齢が18歳以上である必要がある。

・法人契約は対象外となる。

・キャリアメールは利用不可。

・一部対応していない端末がある。
(3G専用端末、VoLTE非対応端末、SIMロック解除非対応端末など)

・SMSや海外利用などは別途料金が発生する。

・1カ月あたりのデータ量が超過した場合は速度制限がかかり、データを追加購入(1GB/550円)することで通常の速度に戻る。

・「8日間キャンセル」以外で契約当月に解約をした場合は、990円の契約解除料が必要となる。

・月の途中で解約をした場合でも、日割り計算せず1ヵ月分の料金が発生する。

・ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により通信速度を制御する場合がある。

・通信の混雑が⽣じる可能性がある場合や、通信が混雑している場合は、ネットワーク全体の品質を確保するために通信速度を制御する場合がある。

・一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と判断された場合は、通信速度を制限することがある。

・データ量の繰り越しは不可。

「ミニプラン/スマホプラン」に関する注意点

・新プランの提供が開始されたら「スマホプラン/ミニプラン」の受付は終了となる。

・新プランの提供開始後に「ミニプラン/スマホプラン」からプラン変更をされる場合は「LINEMOベストプラン/LINEMOベストプランV」どちらかへの変更となる。

・「LINEMOベストプラン/LINEMOベストプランV」に変更された場合は「スマホプラン/ミニプラン」へ戻すことは不可。(スマホプラン⇔ミニプランの変更も不可)

・6/14(金)以降にミニプランへ契約された場合、自動的に「LINEMOベストプラン発表記念キャンペーン」が適用となり、新プラン提供開始後の2024年10月以降にLINEMOベストプランへ自動で切り替わります。

スマホプランを契約される場合は「LINEMOベストプランV」へ自動で切り替わらないので、プラン変更をしない限りは継続してスマホプランを利用することが可能です。

・6/14(金)以降にミニプランへ契約される方で、新プラン提供開始後も継続してミニプランを利用されたい場合は、新プラン提供開始前にスマホプランへ変更し、新プラン提供開始前にミニプランへ再度プラン変更をすれば、LINEMOベストプランへ自動切り替えされず継続してミニプランを利用することが可能です。

スマホプランへ変更することで「LINEMOベストプラン発表記念キャンペーン」の適用条件が満たされず解除されます。そのため、新プラン提供開始後にLINEMOベストプランに自動切り替えされずミニプランが継続されます。

詳しい注意事項の詳細はLINEMO公式サイトをご確認ください。

現プランと新プランの比較

ラインモで現在提供している「ミニプラン/スマホプラン」と、新料金プランの「LINEMOベストプラン/ベストプランV」にはどのような違いがあるのかを紹介していきます。

<現プラン>
プラン データ容量 月額料金
ミニプラン 3GB 990円
スマホプラン 20GB 2,728円

現プランは、定額タイプなので月に決められたデータ量を使っても使わなくても毎月決まった料金を支払うプランになっています。

<新プラン>
プラン データ容量 月額料金
LINEMOベストプラン 0~3GB 990円
3GB~10GB 2,090円
LINEMOベストプランV 0~20GB 2,970円
20GB~30GB 3,960円

新プランは、データ量をどのくらい使うかによって毎月支払う料金が変わってきます。

「LINEMOベストプラン」に関しては、3GB以内に収まる方はミニプランと変わらない支払い額になります。ミニプランでデータ量を超過して頻繁にデータを追加購入されていた場合は、今までよりお得に利用することが可能になります。

「LINEMOベストプランV」に関しては、20GB以内の場合スマホプランに比べると242円上がりますが、5分以内の国内通話が無料になります。また、LINEMOベストプランと同様にスマホプランでデータ量を超過して頻繁にデータを追加購入されていた場合は、今までよりお得に利用することも可能です。

ミニプランで10GBまでデータ追加した場合

例えば、ミニプランで10GBまでデータ追加をしたケースを見てみましょう。

※1GB/550円を追加

ミニプラン LINEMOベストプラン
0~3GB 990円 990円
4GB 1,540円 2,090円
5GB 2,090円 2,090円
6GB 2,640円 2,090円
7GB 3,190円 2,090円
8GB 3,740円 2,090円
9GB 4,290円 2,090円
10GB 4,840円 2,090円

見ての通り、1GBだけ追加した4GBの場合はミニプランの方が安く納まりますが、3GBを追加した6GBまでいくと新プランの方が安く納まります。

今までのLINEMOのプランは「ミニプラン(3GB)」と「スマホプラン(20GB)」の2つしか無く、20GBまで使わない方は3GBのミニプランにして、データが足りない場合は550円で1GBを追加していました。なぜなら、6GBまではミニプランでデータ追加をしていた方が安いからです。

「ミニプラン」と「LINEMOベストプラン」はどっちがお得?

3GBと5GBまでの料金は、どちらも変わりませんが、毎月ピッタリ4GBを利用されている方以外は「LINEMOベストプラン」の方がお得に利用することができます。

スマホプランで30GBまでデータ追加した場合

次にスマホプランで30GBまでデータ追加をしたケースを見てみましょう。

※1GB/550円を追加

スマホプラン LINEMOベストプランV
0~20GB 2,728円 2,970円
21GB 3,520円 3,960円
22GB 4,070円 3,960円
23GB 4,620円 3,960円
24GB 5,170円 3,960円
25GB 5,720円 3,960円
26GB 6,270円 3,960円
27GB 6,820円 3,960円
28GB 7,370円 3,960円
29GB 7,920円 3,960円
30GB 8,470円 3,960円

スマホプランでここまでデータを追加される方はあまりいないかと思いますが、ミニプランとほぼ同じような結果となりました。

「スマホプラン」と「LINEMOベストプランV」はどっちがお得?

月々のデータ使用量が21GB以内に納まるなら「スマホプラン」、22GB以上利用される場合は新プランの「LINEMOベストプランV」の方が安く利用することが可能です。

また「LINEMOベストプランV」の場合は、5分以内の国内通話が無料になります。使い方によってどちらがお得か変わってきますが、毎月20GB以上利用して通話もそこそこ利用される方は「LINEMOベストプランV」の方がお得に利用することができるといえるでしょう。

他社格安SIMと新プランの比較

市場では様々な事業者が格安SIMを提供していますが、それらとLINEMOの新料金プランで料金を比較していきます。

<あまり使わない方>

・3GBで比較
・各種割引は除いた料金で比較

格安SIM 回線種類 月額料金
LINEMO ソフトバンク
(MNO)
990円
povo au
(MNO)
990円
楽天モバイル Rukuten
(MNO)
1,078円
LIBMO(リブモ) ドコモ
(MVNO)
980円
イオンモバイル ドコモ/au
(MVNO)
1,078円
BIGLOBEモバイル ドコモ/au
(MVNO)
1,320円
リンクスメイト ドコモ
(MVNO)
902円
<そこそこ使う方>

・10GBで比較
・各種割引は除いた料金で比較

格安SIM 回線種類 月額料金
LINEMO ソフトバンク
(MNO)
2,090円
NUROモバイル ドコモ/SB/au
(MVNO)
1,485円
イオンモバイル ドコモ/au
(MVNO)
1,848円
mineo ドコモ/SB/au
(MVNO)
1,958円
J:COM MOBILE au
(MVNO)
2,178円
リンクスメイト ドコモ
(MVNO)
1,870円
<いっぱい使う方>

・20GBで比較
・各種割引は除いた料金で比較

格安SIM 回線種類 月額料金
LINEMO ソフトバンク
(MNO)
2,970円
Y!mobile ソフトバンク
(MNO)
4,015円
povo au
(MNO)
2,700円
ahamo ドコモ
(MNO)
2,970円
楽天モバイル Rukuten
(MNO)
2,178円
NUROモバイル ドコモ/SB/au
(MVNO)
2,699円
リンクスメイト ドコモ
(MVNO)
2,970円

それぞれのデータ容量で料金を出してみました。全体的にそこまで大きな差は見られませんが、料金だけを見るとMVNOの格安SIMが若干安い傾向にあります。

MVNOとMNOの違いについては別記事にて解説をしていますが、自社の基地局などの設備を持っていないMVNOは大手キャリアから回線の一部を借りることで月額料金を安く提供することができます。

しかし、あくまで一部の回線網を借りているので、利用するユーザーが多ければ通信は遅くなってしまいます。

安定した通信を求める方は、MNOの格安SIMがおすすめです。

LINEMOの新プランは他社に比べてどうなの?

料金だけで見ると上記で説明した通り、MVNOの格安SIMに比べると数百円の差はありますが、「通信品質」「独自のサービス」「キャンペーンの種類」「サポート体制」など総合的に見るとおすすめの格安SIMと言えるでしょう。

色々な格安SIMで悩んでいる場合は「何を重視するのか」で比較し、検討するのが良いかと思います。

新料金プランのキャンペーン

新料金プランの発表を記念したキャンペーンが6/14(金)より受付開始します。

LINEMOベストプラン 発表記念キャンペーン!

キャンペーン期間内に新たにLINEMOのミニプランを契約する方、もしくは既にミニプランを契約中の方でエントリー手続きをされた方は、2024年9月末まで月990円で10GBまで利用することができます。

【割引内容】

データ追加購入(550円/1GB)が毎月最大7回まで無料!

3GB:990円に加えて7GBが無料となるため、990円で10GBの利用が可能となります。

LINEMOベストプラン
(10GB)
通常 キャンペーン適用
2,090円 990円

キャンペーンの詳細はLINEMO公式サイトにて公開されているので、ぜひチェックしてみてください。

エントリーをすると新プランの提供開始後の2024年10月以降、自動的に「LINEMOベストプラン」へ切り替えとなり、ミニプランへ戻すことは不可となるのでご注意ください。

まとめ

本記事では新たに始まる新プラン「LINEMOベストプラン/ベストプランV」について紹介いたしました。

「ミニプラン/スマホプラン」もシンプルでお得な料金プランでしたが、新プランは色々な使い方をされる方のニーズに合ったプランになっていると思います。

新プランは7月の下旬に提供開始されますが少しでもお得に使いたい方は、今から契約をしてキャンペーンを適用することでお得に利用することが可能です。

ぜひLINEMO公式サイトをチェックしてみてください。